Menu
トップページ » FXブログ » トランプ政権にまた打撃!暴落かと思いきやドル円は・・・?

トランプ政権にまた打撃!暴落かと思いきやドル円は・・・?

| by | ブログ体験記

ちわ~、エッジです!

前回なんとなしに、

「日足の転換線を上に抜けたあたりで

 下げるんじゃないか」

って言ってたんだけど

あとからアイフォレックスで見てみると

まさにそのとおりの展開になってる!

いやあドンピシャだね~・・・

まあ、売れてないんだけどね。

なかなかトレードできる時間とのタイミングが合わない感じ。

もう決め撃ちの指値売りを入れておいてもいいんだろうか・・・

1時間足では猛烈な下げの直後。

この下げは、

アメリカの国家経済会議(NEC)の

委員長コーン氏の辞任によるものだね。注1

この人、

以前に次期FRB議長候補としても名前が挙がったことがある、

トランプ政権の中心的な人物だった。

現在のホワイトハウスでも中心的な役割を担っていたそうで、

この人の離脱は経済界には

かなりショッキングなニュースとして受け止められたみたいだ。

トランプ氏が保護主義的な言動をするたびに

ドル円は下がってきたけど、

その防波堤だった人が去ったとなると、

この余波は大きいはず。

ならば、ここから売り、となるんだけど、

現状では今晩のアメリカの動き次第だ、

という意見が優勢のようだ。

うーん・・・どうしようか・・・

アメリカの動きがはっきりするのは日本時間の深夜だろう。

そして、朝起きたら

もうほとんど動き終わっているというパターンはほぼ確実。

ここで動かないと利益は取れない・・・

ということで売り!

さて、どうなるかな?

あちゃー・・・

アメリカ時間開始とともにすごい買い戻しが・・・

もう損切りライン寸前まで追い詰められてしまった。

コーン氏の辞任の原因は、

このアルミ、鉄鋼への関税について

トランプ氏と意見が割れたからだと報じられている。(注2

即座に政権幹部が火消しに回ったことで、

全戻しになってしまったようだ・・・

もう雲の上にでてしまいそうなので、

損切りは時間の問題だと考えて決済。

アメリカ時間の動きを先に見ておけという意見は正しかった・・・

これからはあまり安易に飛びつくのは

やめにしないとダメだね。

最近ちょっと勝てていないので、焦りがでてしまったか・・・

それではまた!

■■■■脚注■■■■

(注1)コラム:トレーダー出身コーン氏、次期FRB議長に適さない訳(ロイター)

(注2)米鉄鋼・アルミ輸入制限、より多くの国が適用猶予の可能性=財務長官(ロイター)

【18年5月】 今月のおすすめ XM Trading(FX)

優良業者XMのここがスゴイ!

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ 出金が即お手元に届き迅速!

■ 約定が滑らない!

【入金不要で自動的に3000円ボーナスゲット!】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXM Tradingに行き口座開設した方
○ 開催期間:2018年5月31日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXM Tradingに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
FX体験ブログ
人気FX業者さん