Menu
トップページ » FXで副業

FXで副業


FXをやっている方でも、本業にしている方はほ~んの一握りです。大半の方は本業とは別に、副業として時間が許す時にやる、というトレーディングスタイルを持っています。

副業だから、できるだけ効率的に利益を上げたいですが、それにはちょっと勉強しないといけません。だって、利益を全ての人が出せる分けないのですから、他とどう差をつけるかで勝てるか負けてしまうかが決まってきます。

やってはいけない副業とは?

FXでの副業はもともと良いことだと思いますが、本業にまで影響がでるような副業は、すでに副業とは呼べなくなってしまいます。人によって勤務時間がバラバラだったり夜までかかる方もいるでしょう。その中でどうやって実際の副業をする時間を確保するかが、そして本業にちゃんと力を入れられるバランス感覚が大事になってくるのです。

短期的に見れば、ちょっとがんばれば、ほとんどの場合なんの副業でも収入は少しは出てくるものです。ただ長期的に続けることで本業と両立できるかどうかというのが、一番大切なのです。なので、副業をするなら本業に影響がでないようなものを選ぶべきで、その点でFXは有力な選択肢といえます。

FXってどこが副業にあってる?

ここでいうFXは、いうまでもありませんが、ネット環境を通して行われる取引のことを言っています。実際の金融ブローカー業務とは違います。その上で、FXはとっても副業に適していると言えます。

・いつでも時間に拘束されることはなく好きな時に取引ができる

・FX注文時に自動売買やMT4、メタトレーダー4を利用することでずっとPC画面とにらめっこする必要がない

・単純に経済状況や金融情報に詳しくなる


こんな感じでしょうか。

また、あえて短所を挙げてみると、確定した収入や利益が保証されていないことでしょう。当然のことですが、FXは投資なので、損失を負ってしまう可能性があります。ただリスクの許容範囲は、事前に設定できるような自動売買機能などがあるので、「想定の範囲内」に自分で決めることができるようになっています。

FXの税金と確定申告

FX(外国為替証拠金取引)で利益が出たときは「所得」ということになりますね。

これが2011年12月末までは「雑所得」というものに分類されます。本業以外の「所得」ってことです。

FXでの利益が20万円を超えると、確定申告をしないといけません。

具体的な例:

2011年1月15日に決済をして50万円利益が確定。
2011年7月9日に決済をして10万円が確定。
2011年12月25日に決済をして20万円が確定という場合は

50万円-10万円-20万円=20万円の利益となり、確定申告の必要なし

2011年1月15日に決済をして50万円利益が確定。
2011年7月9日に決済をして20万円が確定。
2011年12月25日に決済をして10万円利益が確定という場合は、

50万円-20万円+10万円=40万円の利益となり、確定申告の必要あり

*2012年1月からFX利益に対する税率が20%固定(一律)の「申告分離課税」に移行しました

1.申告分離課税で税率は一律20%!
2.取引所先物取引等と損益通算が可能!
3.損失の繰越控除が3年間可能!

今回の改正によって申告分離課税になると
2012年1月以降に発生したFXの利益は他の所得とは区別して計算され、
税率は所得金額に関わらず、利益に対して一律20%(所得税15%、住民税5%)となります。
FX体験ブログ
人気FX業者さん
転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 fxonlinejp.com All Rights Reserved