トップページ » FX(外国為替取引)とは何

FX(外国為替取引)とは何


FXという言葉は、本や雑誌、テレビなどで一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

そもそも、Foreign Exchangeの略語として使われていて、ここ5年ほどで劇的に人気を出してきた投資方法です。FXはこのほかにも、「外国為替証拠金取引」などとも呼ばれています。

FXはレバレッジ、いわゆるてこの原理を用いて、数万円から数十万円ほどの個人が扱えるような小額の資金で、数百万円分の通貨の取引を可能としています。これは、自分の資金をFX業者に預けることによって、それを担保にしてFX業者が数10倍、または数100倍の額の通貨為替取引をやってくれることで可能となるのです。


 

FXの利点


市場が開いている時間はいつでも取引ができる!
週末(土曜と日曜)を除いて、為替市場はどこか開いています。時差と同じで、大体どこの市場もそのローカル時間で9時ころから取引が始まるようになります。そのため、PCなどのネット環境があれば基本的にいつでもどこでも取引きができます。

自分の資金力にあったFX取引が可能!
低いところでは、5000円くらいから取引ができる業者もあります。なので、小額から始められて、自分の資金レベルにあったスタイルで活用することができます。FXに慣れてきたら投資資金を増加していけます。

スワップ金利をゲット!
「スワップ」は金利と言う意味で使われています。この金利が毎日発生することで、利益を出すことができます。通貨によってその割合が変わりますが、非常に高い金利を得ることも可能です。

手数料が安くてお得!
業者への入金は只が一般的となっています。取引の手数料であるスプレッド(Spread)も最近は非常に低く抑えられているので、トレーダーにとってはどんどん好条件になってきています。


 

FXの欠点


FX取引は投資方法の一種であるために、その時の市況によっては、大幅な損失、損害を受ける場合があります。そのため、自分のリスク管理を正確に行う必要があり、その範囲を超える資金を投資することは避けてください。
FXはあくまで利益と損失の両方の可能性があるということを正確に理解している必要があり、そのためFX取引は投資事業のひとつと考えられています。




 

レバレッジ(Leverage)って何?


FX取引には、必ずレバレッジが利用できるようになっています。別にだからと言って利用する必要はありませんが、大きな利益を上げるためには、それだけ大きな取引をする必要があるので、このいわゆる「テコの原理」が利用価値大ということになります。
簡単にいうと「小さい力(自己資金)で重いものを持ち上げる(大きな額のお取引をする)」というような仕組みになっています。

例えばレバレッジ200倍の意味は、

1万円の保証金(実際に入金をする資金)で200万円相当の取引をすることができるということです。

つまり、保証金として入金をした1万円を元本とすると、元本に対して200倍ものレバレッジがかかるという言い方をすることができます。

そたのめ、「10倍、50倍、100倍、200倍などどれだけレバレッジがあるか」というのがFX業者を選ぶ時の大事な指標になります。

*レバレッジが高いと、元本から見た実際の取引額が大額になるため、元本に損失を出す可能性が高くなります。

*日本ではレバレッジ規制のため最大で25倍のレバレッジとなっています。(海外業者は規制外)


 

FXで利益を出す方法とは?


FXでそのように利益を上げるか?
下記の2つの方法があります。

1. どの通貨でも「買った時」と「売った時」に出る利益があります。これを難しい言葉で言うと「為替差益(かわせさえき)」といいます。例えば、円でユーロを安く買って、ユーロが高くなったら売りぬける、というような感じの取引をして決済したときに発生します。

2. 「スワップポイント」あるいは「スワップ金利」と言われていて、要するに金利です。この1文を覚えればOKです。【金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売る。それで生まれる金利差】これを受け取ることで利益になるわけです。注意点は、逆に【金利の低い通貨を買って、金利の高い通貨を売る。それで生まれる金利差】は支払いが生じますので気をつけましょう。


 

マーケットが開いてる限りいつでも売買できるのがFX


FXは他の金融商品と違って24時間取引が行われています。例えば株などは朝9時から夕方15時まで、のように時間が区切られるので、日中の忙しい時に取引をするのは、普通の方では難しい時があります。

FXはインターネットの活躍も手伝って、そしてまた世界中のどこかでマーケットが開いているということで、世界中のどこかで通貨は売買されていますので、時間に拘束されません。

日本時間から見て

ニュージーランド:朝5時
オーストラリア:朝7時
日本:朝8時
香港:朝9時
イギリス:前の晩の24時
アメリカ(ニューヨーク):前の晩の19時

これ以外にも世界中のほぼ全ての国でマーケットが開いたり、閉じたりしているので、活発に商いが行われています。

時間に拘束されないために、副業のためのデイトレードや短期売買が日本でも人気が出ているのはこういう理由があるんですね。
転載・複製は厳禁です
Copyright 2014 fxonlinejp.com All Rights Reserved