Menu
トップページ » FXブログ » ヘッドアンドショルダーとは……ワタナベ困惑しつつトレード

ヘッドアンドショルダーとは……ワタナベ困惑しつつトレード

| by | ブログ体験記

ワタナベ、以前気になっていたポンド/円(GBPJPY)のヘッドアンドショルダーのその後を見ています!

7月のはじめ、ゆっくりですが上がってきたのです!

XM(XMTrading)MT4です。

今回もビル・ウィリアムズさんセットでテクニカル分析をしていますよ。



-------------------------------------
※ポンド/円(GBPJPY)のヘッドアンドショルダーの記事はこちら。

「ポンドによく騙されるので今度こそリベンジです」

※ビル・ウィリアムズさんセットについては

「MT4を【ビル・ウィリアムズさんセット】に変更です」

こちらの記事を読んでください。
-------------------------------------

次に週足に変えましょう。

ヘッドアンドショルダーだったところは、陽線と陰線の2本だけなのですね。

上昇してしまったので困惑でしたが、

高値から2本の陰線になりそれなりに下がったともいえます。

4時間足で見ないとわからないような小さなヘッドアンドショルダーですから、

これで充分「ヘッドアンドショルダーができたら下落」という役割は終えたのかもしれません。

※ヘッドアンドショルダー(ズ)とは (注1

そして7月なかばの10日、こんなニュースを見ました。

”今年、英国経済が被る打撃は先進国中で最も大きく”

債務が急増するとも書いてあります。

強そうに見えたポンドですが、下向きになりはじめました。

※ムーディーズが英国を不安視(注2

今、ビル・ウィリアムズさんのルールでトレードしています。

トレンドが変わるときに、新しいトレンドのほうにフラクタルが出ればエントリーできるのですが…。

価格は移動平均線であるアリゲーターの上から下に潜りました。

そして赤い〇のところでフラクタルが出たのですが、見逃してスルーしてしまいました。

運が良かったのか、その後上昇してアリゲーターの上に行ってしまいました。

しかしその前の高値(赤い四角)を超えることもできなかったのです。

翌朝見ると、またアリゲーターの下に下がっています。

ついフラクタルが出るのを待たずに赤い星のところでショートしましたが、

これも良かったみたいですね。

フラクタルを待てないのはいけませんでしたが、

下を見るとオーサム・オシレータが赤くなって0ラインの下に下がっています。

こうなると下降トレンドのはじまりといいますね。

(オーサム・オシレータも追求するともっと条件は厳しいのですが)

ひとまず良さそうなので、

アリゲーターの上あたりを損切りラインとしてこのままにしてみます。

■■■■脚注■■■■

(注1)ヘッドアンド・ショルダーズ - H&S FX用語集(フィリップ証券)

(注2)英経済は今年10%縮小、公的債務も急増=ムーディーズ(Yahooニュース)

よく読まれている人気ブログ

【20年8月】 今月のおすすめ XM Trading(FX)

優良業者XMのここがスゴイ!

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ 出金が即お手元に届き迅速!

■ 約定が滑らない!

【入金不要で自動的に3000円ボーナスゲット!】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXM Tradingに行き口座開設した方
○ 開催期間:2020年8月31日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXM Tradingに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
FX体験ブログ
人気FX業者さん

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 fxonlinejp.com All Rights Reserved