Menu
トップページ » FXブログ » 実はなにも進んでいない?米中交渉の行方が読めない・・・

実はなにも進んでいない?米中交渉の行方が読めない・・・

| by | ブログ体験記

ちわ~、エッジです!

FOMC後はけっこう荒れたんだけど、それでも予想通りにレートは戻って、

日足で最高値を更新したってのが現在の相場の状況!

この原動力になってるのはやはり米中の貿易問題

関税撤廃の合意ができそう、みたいな話がちらほら出ていて、

その期待から上がってるみたいだね。

あと、アメリカ企業の決算も好調でそれも追い風になってるとか。

ただし、アイフォレックスを開き、1時間足に目を向けると、

ちょっと失速感が目立ってきた。

これまで楽観的だった関税撤廃の合意に対して、

トランプ大統領がなにも決まってないよ、と釘を刺したらしい。

トランプ米大統領、対中関税撤回で「何も合意せず」(ロイター)(注1

大統領選挙まであと1年。

そろそろ実績をアピールしていきたい時期に真逆の発言をする意図はなんなのか。

合意ができたときの振り幅を作ってるのかな・・・ちょっと疑いすぎか?

これまで上昇に過熱感があったから、ここでいったん調整するかもしれないね。

日足で転換線あたりまでは押すかもしれない。

もうすこし下げると読んで売ってみよう。

1時間足では雲の下に落ちてるので、

雲に頭を押さえられてくれるんじゃないかと期待。

雲に頭を押さえられるというのはまあ、当たってたんだけど、

その雲の下に張り付くような動きになってしまった。

うーん、ちょっとマズったかも・・・

このあと、トランプ大統領の講演があるらしく、

そこでポジティブ発言があるのでは?と相場は見ているらしい。

これはマズイか・・・

頼みの雲も切れ間のところから上へ突破されてしまった。

こりゃダメだあ・・・

もしここで関税撤廃に合意したぞ、なんて話にでもなれば、

ドル円が1円は上に吹っ飛ぶだろう。

ここは読みが甘かったと反省して損切り・・・

うーん、ここのところいまいち調子が出ないな・・・

ところが蓋を開けてみれば、ドル円はもとの位置まで落下

損切りしなくてよかった模様・・・

トランプ氏、部分合意なければ対中関税「極めて大幅に引き上げ」(ブルームバーグ)(注2

講演ではグッドニュースがなく、相場の失望でドル円も下がったみたいだ。

もしかして、中国との交渉ってあまり進んでないのかな?

この人の動きはホント読むのが難しい・・・

でわでわ

エッジでした!

■■■■脚注■■■■

(注1)トランプ米大統領、対中関税撤回で「何も合意せず」(ロイター)

(注2)トランプ氏、部分合意なければ対中関税「極めて大幅に引き上げ」(ブルームバーグ)

よく読まれている人気ブログ

【19年12月】 今月のおすすめ XM Trading(FX)

優良業者XMのここがスゴイ!

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ 出金が即お手元に届き迅速!

■ 約定が滑らない!

【入金不要で自動的に3000円ボーナスゲット!】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXM Tradingに行き口座開設した方
○ 開催期間:2019年12月31日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXM Tradingに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
FX体験ブログ
人気FX業者さん

転載・複製は厳禁です

Copyright 2019 fxonlinejp.com All Rights Reserved