Menu
トップページ » FXブログ » ワタナベの心変わり!アメリカ「小売売上高」の発表でトレード

ワタナベの心変わり!アメリカ「小売売上高」の発表でトレード

| by | ブログ体験記

ワタナベ、

オセアニア通貨が好きです!

でも最近はアメリカにも注目していますよ(;'∀')

もともとスワップ(利息)が欲しくて

トレードをはじめたワタナベ、

アメリカの金利がとうとう2%になったので、

自然と気になってきたのです!

これは、XMのMT4でみたドル/円 (USDJPY)の日足です。

※スワップとは(注1

7月16日はアメリカでは「小売売上高」の指標発表があります。

指標発表って雇用統計が有名すぎますね。

そのせいで影が薄いのですが「小売売上高」は

アメリカにとってとても意味のある経済指標なのですよ(^^)/

アメリカの小売売上高は、毎月第2週に発表されるアメリ カの重要な経済指標のこと!

米国における小売、サービスの売上高の合計を示す数値で、

GDPの多くを個人消費が占めるアメリカにおいて、

景気の動向を知るための重要な手がかりとなっていますね♪

FXの中心となるのは基軸通貨の米ドルなので、この米ドルの価値を左右する指標として、

アメリカのの小売売上高は為替トレードを行う投資家の間でも要注意の経済指標とされてます!

では、実際にアメリカの小売売上高はどれくらいの重要度なのか?

FXには注目すべき経済指標がたくさんありますが、実際にトレードをしてみると、

だいたい序列のようなものがあることがわかってきます!!

重要度の高い指標ほど、発表後に価格が大きく変動し、

それほど重要度が高くない指標は、発表後も価格はあまり変動しません。

アメリカの小売売上高の重要性は、

他の経済指標と比較するとどれくらいの位置にあるのでしょうか?

結論から言うと、アメリカの小売売上高の重要度は「中くらい」といったところ!

FXにおける最重要の経済指標は雇用統計であり、FOMC(政策金利)ですね(^^)v

この2つは発表があるたびに価格が乱高下するレベルで注目されていて、

その後も長期にわたって為替市場に影響を及ぼします。

その次に重要とされるのが、米GDP(国内総生産)、ISM製造業景況指数、

米CPI(消費者物価指数)、米PCE(個人消費支出)、新規失業保険申請件数など。

アメリカの小売売上高は、これらより少し下くらいの重要度で、

FOMCにおける政策金利の変更が予想されている状況下で、

その手がかりとして注目されるときに限って、市場を大きく動かす可能性がありますよ!

ちなみにアメリカ国内の消費を示す経済指標には、

先に述べた消費者物価指数(CPI)や個人消費支出(PCE)があります。

小売売上高もこのグループに属する経済指標なのですが、

それぞれ算出方法が異なるため、重要度にも差があります!

これらのうちでもっとも重要なのは個人消費支出(PCE)で、

さらにエネルギーと食品部門を含めたコアではないPCEが景気判断の目安となってます。

これはアメリカの金融政策を担うFRBの最近の発表によるもので、

今後変更される可能性もありますが、トレードの際には頭の片隅に留めておきましょう♪

※米国市況(注2

という事で、「小売売上高」がなぜ重要なのかというと、

アメリカは消費大国だからですね(^^)/

アメリカは、GDPの3分の2を個人消費が占めている

といわれるのです。

すごい比率ですね!

でも、雇用統計のように長期間の景気を見るよりも、

数か月間の景気の良しあしを見るのに合っています。

※アメリカ合衆国GDP(外務省)(注3

今回、6月の結果が発表されます。

予想は前月よりも悪いとなっています。

予想機関によって少し違いますが。


前月は0.8%

予想は0.5~0.6%


じつは雇用統計が発表されてから、

ドル/円がずっと上昇しているのです。

なので、「小売売上高」が予想通りなら、

上がりすぎの反動もあるし、少し下がるのかなと考えています。

6月終わりくらいからやたら

「アメリカは景気が良い」と報道されているのも、気になるのです。

みんなが良いというときには注意するのがトレーダーですよ(^^)/

それにしても、どこで売りを仕掛けたらいいのでしょうか。

これは、1時間足ですが、いつもどおり数日間の範囲で

フィボナッチ・エキスパンションを描いてみましょう。

※フィボナッチとは(注4

フィボナッチの引き方は、人それぞれ、自由でいいと思います!

結局、気になる場所には不思議と描かれるので、

ワタナベもあまり神経質に引いていません。

23.6の112.650円のところにショートの指値注文を入れておきます。

発表は午後21時30分ですから、

会社から帰ったあとに結果を見ることができるのです。

結果ですが、指標はほぼ予想通り。

チャートは、狙った価格まで上がりませんでした。

残念!

「小売売上高」の後、下がったのは合っていましたね!

ではまたです!

■■■■脚注■■■■

(注1)スワップ(すわっぷ)(野村證券)

(注2)みずほ米国経済情報(MIZUHO)

(注3)アメリカ合衆国基礎データ(外務省)

(注4)テクニカル分析入門(アイネット証券)

【21年12月】 今月のおすすめ XM Trading(FX)

優良業者XMのここがスゴイ!

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ 出金が即お手元に届き迅速!

■ 約定が滑らない!

【入金不要で自動的に3000円ボーナスゲット!】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXM Tradingに行き口座開設した方
○ 開催期間:2021年12月31日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXM Tradingに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
FX体験ブログ
人気FX業者さん

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 fxonlinejp.com All Rights Reserved