Menu
トップページ » FXブログ » 平成相場をエリオット波動で振り返りです!

平成相場をエリオット波動で振り返りです!

| by | ブログ体験記

ワタナベ、日本の10連休は遊びます!

でもその前に、欧米のイースター休暇がありました!

為替は動いているので、

上昇トレンドのオーストラリアドル/ニュージーランドドル(AUDNZD)を少しロングしました。

XMMT4で す。

このロングは、すぐに手仕舞うつもりです。

世界的に休暇が多く何が起こるかわからないので、長期のポジションは持ちません。

そして暇なので、過去のチャートを眺めています。

1997年からしか出ませんが、平成の間に大きな波がふたつあるんですね。

※オーストラリア経済の見通し(注1

エリオット波動を使いこなしたいのですが、

エコノミストの方でさえバラバラなことを仰るので困りますね。

基本は、上昇のときに5つの波があって、下降のときは3つの波があると いうことなのです。

でも、その波の数え方がみなさんバラバラなので予想の意味がないのです。

※エリオット波動とは(注2

エリオット波動は有名で、上の図のように波を数えます。

「1波」「a波」などと呼びます。

ちなみに日本の「木佐森式サイクル観」もエリオット波動のような分析を完成させています。

とにかく天井も予測できるはずなのですが、どうしていいかわからないですよね。

※天井(注3) 

しかし、ひとつだけはっきりしていることがあります。

最初に引いたラインのように高値と安値を結べば、それぞれ天井と底だとわかります。

ということは、abcなどと数えられなくても、

エリオット波動の上昇波と下降波の全体の姿はハッキリわかっているということです。

※底(注4

そうすると次は上昇波がはじまるのかもしれませんね。

もちろん、下がるときの戦略も考えておきましょう。

そんなことをしているうちに、時間が過ぎましたが

相場も動かないので、ストップを狭くして今日は終わりにしましょう。

今日は平成のオセアニア通貨を見ましたが、たまにはこんなのも良いですね!

■■■■脚注■■■■

(注1)オーストラリア経済の見通し(ニッセイ基礎研究所)

(注2)エリオット波動&GMMA(外為オンライン)

(注3)天井(てんじょう)(野村証券)

(注4)底(そこ)(東海東京証券)

よく読まれている人気ブログ

【19年7月】 今月のおすすめ XM Trading(FX)

優良業者XMのここがスゴイ!

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ 出金が即お手元に届き迅速!

■ 約定が滑らない!

【入金不要で自動的に3000円ボーナスゲット!】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXM Tradingに行き口座開設した方
○ 開催期間:2019年7月31日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXM Tradingに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
FX体験ブログ
人気FX業者さん

転載・複製は厳禁です

Copyright 2019 fxonlinejp.com All Rights Reserved