Menu
トップページ » MT5(メタトレーダー5)とMT4の違い

MT5(メタトレーダー5)とMT4の違い




【メタトレーダー完全マニュアル】

1. メタトレーダー・MT4入門ナビ

2. メタトレーダー・MT4ダウンロード

3. メタトレーダー・MT4チャートの使い方と各種設定

4. メタトレーダー・MT4で売買注文

5. MT5(メタトレーダー5)とMT4の違い



現在、メタトレーダーはMT4とMT5の2種類がリリースされています。
MT5とは、英語で「Meta Trader5」といわれ、日本のトレーダーにも評判の高いメタトレーダー4の次世代新バージョンというふれこみで2011年にリリースされました。



やはり、そこで気になるのは「MT4との違いは?」「機能は使いやすくなったの?」というようなところではないでしょうか。

MT5はMT4の後継ツールなので、通常はMT5を使えば問題ないはずなのですが、さまざまな理由からMT4も平行して使用されているのが実情です。

両者には性能や取り巻く環境に大きな違いがあり、それがMT4とMT5の両立という現状を生んでいます。実際に取引ツールとして優秀なのはMT5のほうです。

MT4のさまざまな問題点を改善して作られたツールですから、当然といえば当然かもしれません。

動作もマルチタスクに対応することにより非常に軽く、分足や時間足などもMT4よりずっと多く用意されています。

銘柄などの検索もしやすく、各種ウィンドウもMT4ではごちゃごちゃしていたのが、MT5ではすっきりと見やすく改良されています。

MT5のほうがメモリを多く使用するという弱点もありましたが、パソコンやモバイルの性能向上により、ほぼ解消されているといってよいでしょう。

では、なぜ性能的に劣るMT4がいまだに使い続けられているのでしょうか。

それは、性能よりもメタトレーダーを取り巻く環境に理由があります。

メタトレーダーの強みは、各人が自由にインジケーターやEA(エキスパートアドバイザー、自動売買のためのプログラム)を作成し、共有できるという点にあります。

そして、多くのカスタムインジケーターやEAがMT4ベースで開発され、公開、配布されてきました。

このインジケーターやEAを共有する大きなコミュニティの広がりが、MT4をトップシェアに押し上げたのです。

しかし、残念なことにMT4ベースで開発されたインジケーターやEAはMT5に導入することはできません。使用しているプログラム言語が異なるからです。

長年、愛用してきて使い慣れたインジケーターやEAを走らせるには、MT4を使い続けるしかないのです。こうした理由により、より高性能なMT5に移行せず、MT4を使い続けている人も多いのです。

コミュニティがMT5になかなか移行していかないため、新作のインジケーターやEAもMT4で多くがリリースされ、それがMT5への移行を阻むという状況になっています。

こうしたことから、性能面を重視するならMT5、使いたいインジケーターやEAがあるならMT4、というのが現在のスタンダードになっています。

次第にMT5への移行も進んでおり、FX業者もMT4とMT5の両方に対応するところが増えてきました。なので、現在は、自分の用途に応じてどちらかを選択するとよいでしょう。

さて、ではMT5の内容をちょっと見てみましょう。

いいね!のポイント

▲ 現行MT4のタイムフレームは9段階ありましたね。

M1(1分足)
M5(5分足)
M15(15分足)
M30(30分足)
H1(1時間足)
H4(4時間足)
D1(1時間足)
W1(週足)
MN(月足)

これらに加えて

M2(2分足)
8H(8時間足)

が追加されました。

▲ ナビゲーターウィンドウにフォルダが追加できるようになったため、インジケーターを整理整頓する際に手間が省けて便利になった。


ウ~ンちょっと。。。のポイント

▼ ストラテジーテスターをサポートしていないため、バックテストができない。

▼ フィボナッチ・リトレースメントのライン表示の位置に変更が加わったので、慣れるまで多少使いにくくなった。

▼ MT4で使用できたインジケーターやエキスパートアドバイザーが使用できない。 *.MQ4ファイルから*.EX4ファイルへのコンパイル作業に要する時間がかかるようになった。

▼ MT4と比べて、MT5ではメモリの消費がかなり増えたこと。

▼ 売値、買値を表示する「Bid」や「Ask」のような予約変数が使えなくなったこと。

▼ チャート上の4本値を表すOpen[0], High[0], Low[0], Close[0]が使えない。

▼ 取ったポジションが通貨ペア毎に合算されるので、両建てすると自動的に決済される。また、ポジションが追加されても、ポジションを個別に扱うことができない。 つまり、売買システムのポジションの取り扱いもメタトレーダー4との互換性がない。

ただ、MT4がリリースされた時もそうですが、どんどん使い勝手をよくするアプリやプログラム、そしてMT4からの移行をスムーズにするようなサービスなどが出てくるのは間違いありません。

時期が少したてばユーザーの増加とともに利便性も当然向上してくるでしょうし、今良いか悪いかを決めることもないかもしれません。

メタトレーダーを利用したFX取引もブログで公開中です!ぜひご覧ください(^^)


【メタトレーダー完全マニュアル】

1. メタトレーダー・MT4入門ナビ

2. メタトレーダー・MT4ダウンロード

3. メタトレーダー・MT4チャートの使い方と各種設定

4. メタトレーダー・MT4で売買注文

5. MT5(メタトレーダー5)とMT4の違い


FX体験ブログ
人気FX業者さん

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 fxonlinejp.com All Rights Reserved