Menu
トップページ » FXブログ » ドル高への変化を警戒するも・・・当面はドル売りでOK?

ドル高への変化を警戒するも・・・当面はドル売りでOK?

| by | ブログ体験記

ちわ~、エッジです!

米長期金利の上昇とともに上を攻めたドル円だったけど、

104円で頭打ちに!

そこからは下がらず、上がらず、といった感じの相場が続いているね。

アメリカも大統領が変わったので、為替の流れも大きく逆転するかも・・・

と思ったんだけど、その兆しもあんまり見えてこない。

さて、どうしたものか・・・

あんまり方向性も見えないので、

レンジ想定の売りという、これまでと同じ方針で行くしかないかな。

アイフォレックスを開き、ちょっと前の高値に合わせて指値売りを置いてみよう。

ぜんぜん上がらなかったので、いったん注文を解除しようか・・・と思った矢先!

急激な吹き上げが来て、売りが成立してしまう。

これは・・・ちょっと嫌な感じだな。

想定していたより持ち上げられてしまったぶん、利益確定の注文の水準を引き上げておく。

これじゃ撤退とほぼ変わらないけど、入る水準を見誤ったんだからしょうがないね。

かなり高めに決済注文を引き上げたおかげか、これはあっさりと確定

この動きはどうも、次期米財務長官であるイエレンさんの公聴会に絡んだものらしい。

当初はドル高容認という話が出回っていたので、それを受けてドル円は上昇していたけど、

ドル高について直接の言及はなかったようだね。

「強いドル」と言わなかったイエレン新財務長官(東洋経済オンライン)(注1

結局、そのままドル円はダダーっと下がっていってしまった。

ドル高を恐れて早めに切っちゃったけど、ドル安の流れは変わらないってことだね。

それでも今回、けっこうな収穫だと思ったのは、株価とドルの関係が割とはっきりしたこと。

イエレンさんの公聴会でドル円は下がったんだけど、

これは公聴会での発言を受けてダウが盛り返したことで為替が動いたということのようだ。

とすれば、株価が好調になるとリスクオンでのドル売りが起こる、という、

これまでと同じ流れが維持されていることがわかる。

バイデン新大統領が誕生したとしても、

当面、リスクオンでドル円が下がる、という性質に変化はないんだろう。

なので、これまで通り、ドル円は売りメインでいけばOKかな。

でわでわ

エッジでした!

■■■■脚注■■■■

(注1)「強いドル」と言わなかったイエレン新財務長官(東洋経済オンライン)

【21年2月】 今月のおすすめ XM Trading(FX)

優良業者XMのここがスゴイ!

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ 出金が即お手元に届き迅速!

■ 約定が滑らない!

【入金不要で自動的に3000円ボーナスゲット!】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXM Tradingに行き口座開設した方
○ 開催期間:2021年2月28日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXM Tradingに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
FX体験ブログ
人気FX業者さん

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 fxonlinejp.com All Rights Reserved