Menu
トップページ » メタトレーダー・MT4で売買注文

メタトレーダー・MT4で売買注文


【メタトレーダー完全マニュアル】

1. メタトレーダー・MT4入門ナビ

2. メタトレーダー・MT4ダウンロード

3. メタトレーダー・MT4チャートの使い方と各種設定

4. メタトレーダー・MT4で売買注文

5. MT5(メタトレーダー5)とMT4の違い



「新規注文」を行う

新規注文を行うには

メタトレーダー・MT4 で新規注文をして見ましょう。「注文の発注」ウィンドウを表示させます。

「注文の発注」ウィンドウの表示させる方法は3種類あります。

1.一番分かりやすい方法は、ツールバー上にあって、とても見つけやすい「新規注文」をクリックします。



2.メニューの「ツール」→「新規注文」をクリックします。



3.チャート上で右クリックから「注文発注」→「新規注文」を選択して表示させることもできます。



注文の発注ウィンドウ



「注文の発注」が新しいウィンドウとして表示されます。

順番に見ていきましょう。

[通貨ペア]:取引しようとしている通貨ペアです。プルダウンで他のペアに変更することもできます。

[数量]:ロット数です。

    FX業者さんによってロット数は異なりますが、一般的に1ロット=10万通貨単位となります。

    例えば、30万通貨単位で取引されるときは、「数量」に3ロットと設定します。

    同様に、1万通貨単位でトレードを行なう場合は、「数量」に0.1ロットと設定します。

    *取引単位(1ロット単位)を業者さんに確認しましょう。

[決済逆指値(S/L)]:損切り、つまりストップロスのことを指しています。

[決済指値(T/P)]:利食い(テイクプロフィット)を表します。

[コメント]:取引の一言コメントを残すことができます。必須ではありません。

[注文種別]:「成り行き注文」か、「指値または逆指値注文」を選択できます。

「成行注文」を売買してみる

成行注文で売買



成行注文を行うには「成行売り」と「成行買い」があります。

ここでは例として「成行売り」を選択してみます。



注文が完了すると上図のような画面が表示されます。

赤枠で囲まれた部分は左から以下のように表示されます。

「注文番号」「売り注文(sell)」「数量」「通貨ペア」「買った時の値段」



注文が完了したら、メタトレーダー下部に表示されているターミナルウィンドウ内の「取引」タブに注文内容が詳細に表示されます。

ポジション決済はどうやるのか



ポジション決済を行うには、画面一番下にある「ターミナルウィンドウ」を見ます。そこで自分の注文上で右クリックをして「決済注文」を選択します。



注文を入れるときに見たものと同じウィンドウが表示されます。

しかし、ここでは損益を確定させることができる、黄色いボタンが表示されています。

これが「決済取引:建玉」です。そこをクリックします。



このように決済完了画面が表示されました。

「指値注文」を行う

「指値注文」とは、ご存知の方には当然ですが、レートが決めた値段に達した時点で自動で注文がされる方法の事を言います。

成行注文はあくま「今のレート」の取引なので、この「事前に決めたレート」というのが一番の違いですね。

例えば現在のレートが、1ドル=80円とします。

レートが下がった時に売りポジションが欲しいなあ、と思っていたとしたら、

1ドル=79円で指値注文を行っておけば、レートが1ドル=79円になった時点で自動的に買いポジションを持ちことになります。

指値注文のために新規注文を行う



まずは新規で注文をします。



[注文種別]から下側にある「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択します。



そすると、上の赤い枠の中が新しく表示されます。

【注文種別】から注文方法を行います。



「Buy Limit」→指値買い
「Sell Limit」→指値売り
「Buy Stop」→逆指値買い
「Sell Stop」→逆指値売り

の中からどれかを選びます。

■ 現在より低い価格で買いたいなら「指値買い」
■ 現在より高い価格で売りたいなら「指値売り」
■ 現在のレートより高い時に買いたいなら「逆指値買い」
■ 現在のレートより低い時に売りたいなら「逆指値売り」

「現在価格から○○ポイント県内の注文は発注できません。」

とは、つまり、指値の価格は、現在の価格より○○pips以上で注文することができます、という意味です。



ここでは例として「1.56630」で指値買い注文を行いました。

価格の設定を行ったら送信ボタンをクリックします。



指値注文ができたら上図のように注文完了画面が表示されます。

自分の設定価格がちゃんと正しく、「1.56630」と表示されています。



指値注文が完了すると、メタトレーダーのターミナルウィンドウ内の、取引タブに指値注文の詳細が表示されます。

指値注文の変更と取消のやり方



指値注文を取り消したい場合は、ターミナルウィンドウに表示された指値注文の詳細上で右クリックをして「注文変更または取消」を選択します。



「建玉のS/LとT/Pの変更」の中の数値を変えて、最後に青色のボタンをクリックします。



このように注文変更がされた完了メッセージが表示されます。

以上のように、それぞれ

「Buy Limit」→指値買い
「Sell Limit」→指値売り
「Buy Stop」→逆指値買い
「Sell Stop」→逆指値売り

の注文を入れたり、決済したりします。

「ストップロス(S/L)設定」の注文

ストップロス設定をして新規注文を行う



ストップロスを設定してみましょう。

まずは、新規で注文を行います。



例として、ここでは成行買いを行います。

注文発注画面の「決済逆指値(S/L)」で自分でストップロスするレートを(ここでは1.56725)に決めてから「新規取引:成行買い」をクリックします。



注文の発注ができたら取引内容が表示されます。

ストップロスが設定されていることを確認します。

このように、赤で囲まれた欄にストップロス設定したレート(1.56725)が表示されています。



チャートを確認してみると、ストップロス設定をしたレート(1.56725)で赤い点線が作成されました。

このラインまで下がると、自動的に損切りが行われます。

ストップロス設定の変更方法



ストップロス設定を変更したい場合は、ターミナルウィンドウに表示された注文の詳細上で右クリックをして「注文変更または取消」を選択します。



注文の発注画面が表示されます。

ストップロスを行うレートを変更する場合は「決済逆指値(S/L)」欄の値を変更します。

ここでは(1.56725)→(1.56700)へ変更してみました。

また、「決済指値(T/P)」のところでテイクプロフィット設定を行うこともできます。

設定を変更したら、赤枠の部分のボタンが青く表示されるのでをクリックします。



注文の変更を行ったら、上図のように注文変更完了のメッセージが表示されます。

メタトレーダーを利用したFX取引もブログで公開中です!ぜひご覧ください(^^)


【メタトレーダー完全マニュアル】

1. メタトレーダー・MT4入門ナビ

2. メタトレーダー・MT4ダウンロード

3. メタトレーダー・MT4チャートの使い方と各種設定

4. メタトレーダー・MT4で売買注文

5. MT5(メタトレーダー5)とMT4の違い


FX体験ブログ
人気FX業者さん
転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 fxonlinejp.com All Rights Reserved