Menu
トップページ » FXブログ » 経済指標はアテにならない?指標に逆行するドル円の動きとは

経済指標はアテにならない?指標に逆行するドル円の動きとは

| by | ブログ体験記

ちわ~、エッジです!

先日のドル円大暴落から

買い戻しが起き、

いま再びドル円は

下に向かいつつある感じ!

いま雲に入ったところだけど、

この雲を下に抜ければまた105円台!

もう一度、

下にアタックする可能性はかなり高いね。

日足的にも下向きのターンになってる。

そして、間もなくADP雇用統計の発表。

ADP雇用統計は、

あとに控える雇用統計ほどの威力はないけれど

いま円高に振れやすいこの状況なら、

じゅうぶんドル円を押し下げてくれるはず!

そして、案の定、

ADP雇用統計の数値はかなり悪かった!

アメリカの景気が悪い→利上げが遠のく→円

のはずだ!

ここは売り!

しかし、21時30分の指標発表より、

ドル円はなぜか上昇・・・

おかしい!

指標の結果とまるで反対じゃん!

うーん、不可解な動きだけどしかたないね。

どうせすぐ戻ってくるだろうし、

無傷で撤退はできるだろう。

そう思って、

エントリーしたポイントで決済するよう注文変更。

ところがどっこい。

ドル円ガンガン上昇。

とうとう107円へ・・・

どういうこっちゃ・・・

まあ、今日は雇用統計があるし、

これで撤退できるだろう、たぶん。

なんでかというと

こないだのADP雇用統計は、

今日発表される雇用統計の先行指標でもある。

ADPが悪いと雇用統計もたいてい悪いんだよね。

だから今日の発表で

ふたたびドル円はダダ下がりするはず!

いくら円売りの動きが強くても

雇用統計の結果は無視できまい!

やっぱり雇用統計の数値は予想よりもかなり悪化。

さすがに今回は素直に下げるドル円。

まあ予想通りで良かった・・・

でもギリで撤退ラインにタッチしなかったんだよね。

微損だけど仕方なく手動で損切り。

一時期100pips以上含み損があったことを思えば

御の字かな。

しかし、今回の動きはよくわからなかった。

原油安が改善したせいか。

大暴落の買い戻しに重なったか。

経済指標の数値だけで判断はできないってことだね。

でわでわ

エッジでした!

アイフォレックス (iForex)口座開設詳細を見る

【18年4月】 今月のおすすめ XM Trading(FX)

優良業者XMのここがスゴイ!

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ 出金が即お手元に届き迅速!

■ 約定が滑らない!

【入金不要で自動的に3000円ボーナスゲット!】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXM Tradingに行き口座開設した方
○ 開催期間:2018年4月30日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXM Tradingに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
FX体験ブログ
人気FX業者さん