Menu
トップページ » FXブログ » ワタナベ、チャート分析のウエッジの意味を知っているつもり?!

ワタナベ、チャート分析のウエッジの意味を知っているつもり?!

| by | ブログ体験記

ワタナベ、どちらかというと

ファンダメンタルズで考えるほうなのですが、

チャートのパターン分析も面白いなと思っています!

これはXMのMT4で見た豪ドル/円(AUDJPY)です!

これは特に

有名なチャートパターンになっていないようですね。


※チャートパターン(注1

チャートパターンというのは、

そのまま「チャートの形態」ということです。

有名な「ダブルボトム」などをまとめてそう呼ぶようですね!

この1時間足では、

「ウエッジ」(英語でwedge)という聞きなれない形ができ ています。

ウェッジはチャートの天井でも途中でも現れますが、

これは途中でですね!


※天井とは(注2

途中で現れたチャートパターンの多くは、

トレンド継続を意味するといわれています。

もちろん、完璧ではないでしょうが、

ここは「売り」ということでショートポジションを持ちたいですね!

朝、出勤前に持ったポジションはどうなっているでしょうか?

もちろん、出勤前にストップロス注文も入れましたよ('ω')ノ

ストップロスがついてしまいました!

この失敗の原因を探ってみましょう!


※ストップロスとは(注3

チャートのパターン分析は、

フォーメーション分析とも呼ばれます。

これは誰ともなく言いだして定着している分析方法で、

一目均衡表のように

「一目山人が作った」というルーツがはっきりしません。

でも、アメリカの国際テクニアナリスト協会などで

決まりごとがまとめられています。

ワタナベが使った「ウェッジ」は、

もっと中長期のトレンドを見るものでした。


※テクニアナリスト協会 フォーメーション分析(注4

正式な「ウェッジ」の期間は

完成するまで1~3か月かかるのだそうです。

なるほど、ネットで軽く知っただけで

深く調べずに使ったワタナベ、間違っていました!


※証券会社のページ(注5

たまたま1分足などを見ていて、

「ウェッジ」みたいになりそのまま当たるときもありますが、

偶然なのかもしれません。

当たる条件ももっと厳しいようですし!

これは気を付けなくてはいけませんね。

今日は失敗のおかげで少し成長できました!

■■■■脚注■■■■

(注1)株・FXに今すぐ活かせる チャートの読み方・使い方 - 天井圏でのチャート・パターン -(野村證券)

(注2)天井(てんじょう)(東海東京証券)

(注3)ストップロス(DMM FX)

(注4)三角保ち合い(日本テクニカルアナリスト協会)

(注5)底堅さの裏返し~「ウェッジ型」に注意(楽天証券)

【18年10月】 今月のおすすめ XM Trading(FX)

優良業者XMのここがスゴイ!

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ 出金が即お手元に届き迅速!

■ 約定が滑らない!

【入金不要で自動的に3000円ボーナスゲット!】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXM Tradingに行き口座開設した方
○ 開催期間:2018年10月31日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXM Tradingに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
FX体験ブログ
人気FX業者さん

転載・複製は厳禁です

Copyright 2018 fxonlinejp.com All Rights Reserved