Menu
トップページ » FXブログ » FXの日課は、レートの確認、スケジューリング、取引手法のバリエーション

FXの日課は、レートの確認、スケジューリング、取引手法のバリエーション

| by | ブログ体験記

FXをやっているなかで、日課となるのはどういったことになるのか。毎日やることになることとして、いつものことです。


とりわけ月曜日の朝から土曜日の朝までは、ほぼやっていることは同じようなことです。


おそらくはその日のその時間のレートを確認して、利幅が増しているか、減っているかを確認しているはずです。このレートは1日に数回、多ければ数十回にもおよびます。


スタンスがデイトレなら、百回以上にもなり、パソコンやスマホの前でじっと見張りしていることになり、タイミングを見計らって売買するためにも、値動きをじっと観測しているほうがわかりやすいことがあります。


仮に何かしていて、デイトレ並みに情報が得られないとしたら、少ない情報で勝負せざるをえませんが、あてずっぽうで買う、これでまた勝率を下げてしまうのですが、何かしていたらそうするほかありません。


たとえば会社が終わってからの時間に買う、それがタイミングのピークを逃すとするなら、デイトレにその日の情報量の軍配が上がります。





1日のうちに何度も何度も確認するのがわずらわしくなってくると、そこでおすすめはスイングトレードです。


スイングトレードは日単位ではなく、週単位で取引するもので、比較的スパンを長くとっています。


そうすることで、デイトレがつかみやすい売買タイミングによらず、少し長い目でみた投資へ変化させることができ、日々の残高や利ざやの確認をする手間が省けるという点でおすすめです。


取引市場は土曜日と日曜日は休みだから、トレーダーにとっては少しペースが乱れてしまいやすい部分です。


集中してトレードをしているなら、できれば土曜日も日曜日も市場がオープンにやっていればなと、休憩のいらないファンなら思うでしょう。


でも、休むときは休むほかないのが現状です。そのときに、もしかすると海外FXの利用で休憩をなくす工夫が成り立つかもしれません。


デイトレはただ値動きだけを注視しているのではなく、少しこなれたら要人発言や指標発表のときをスケジューリングしていることでしょう。


その日時がきたら値動きすることが明らかに多いのであって、状況によっては建玉を減らす、建玉を増やすというトレードのタイミングです。


日々のトレードしやすくするためにも、取引の相談をやっているプロの話を聞いてみるとか、チャートを分析する方法を知るとか、対応している指値のバリエーションを身につけるという工夫も勝率アップにつながることでしょう。


XM | XM Trading口座開設詳細を見る

【18年1月】 今月のおすすめ XM Trading(FX)

優良業者XMのここがスゴイ!

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ 出金が即お手元に届き迅速!

■ 約定が滑らない!

【入金不要で自動的に3000円ボーナスゲット!】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXM Tradingに行き口座開設した方
○ 開催期間:2018年1月31日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXM Tradingに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
FX体験ブログ
人気FX業者さん